【FF7R(リメイク) 考察】エアリスは生存するのか?【ネタバレあり】

ゲーム
スポンサーリンク
イケメン
イケメン

FF7リメイク、エアリスは生存するの?

今回はそんな疑問にお答えします

ちなみに私は、FF7リメイク、原作、アドベントチルドレン、ダージュオブケルベロスなどをクリア、視聴済みとなります

※原作、リメイク、コンピレーション作品(アドベントチルドレン、ダージュオブケルベロス)のネタバレを含みますのでご注意ください

【FF7R(リメイク) 考察】エアリスは生存するのか?

結論

結論から言うと「生存する」と思います

ただ、FF7リメイクのストーリー自体は概ね原作通りに進行するとも考えています

詳しくはこちらの記事を参考にしてください

では、どのようにエアリスが生存するのかといいますと

「FF7リメイクとは異なる世界」にてエアリスが生存すると考えています

理由を解説していきます

理由

未来を知っている

FF7Rでは登場キャラクターの何名かが未来を予知、予見しているような描写が追加されました

特にエアリスが未来を知っている(だいたい把握している)描写ははかなり多いので、FF7Rをプレイした方ならほとんど気づくことでしょう

エアリスが未来を知っているような描写
  • 7番街プレートの落下を断定した
  • マリンの存在、素性を説明なしで把握した

マーレ「プレートは落ちるのかい?」

エアリス「はい」

7番街プレートが落ちる直前、マーレとの会話ではエアリスはプレートが落ちることを断言しました

また、ウェッジやティファとの会話でもプレートの落下を確信しているようなそぶりを見せています

ティファ「近くに セブンスヘブンってお店があるの そこでー」

エアリス「マリンが待っている でしょ?」

同じく7番街プレートが落ちる直前、ティファがマリン救出をエアリスに頼もうとしたとき、知るはずのない「マリンの名前」を口にしました

※ご指摘いただいたので追記
11章にてティファがマリンの名前を口にしているためマリンの存在に関しては把握していても自然でしたm(_ _)m


このほかにもクラウドが「なんでも屋」であることを知っていたりと、エアリスは本来知るはずのない情報を持っている描写が多々あります

このことから「未来をどの程度把握しているのか?」という点に大小はあるものの、ある程度未来を知っているのは確定でしょう

これがどのように生存に関わるかは、このあと説明していきます

ライフストリーム

FF7には「ライフストリーム」という概念があります

本作の世界には「あらゆる生物によって星の中心に還るときに、持っていた知識やエネルギーが蓄えられ(このエネルギーを精神エネルギーと呼ぶ)、世界全体が栄え再び新しい命を生み出す源となる」という独特な死生観が存在する。この蓄えられた知識とエネルギーは常にあらゆる方向に流れており、この流れはライフストリームと呼ばれている

wikipedia「ファイナルファンタジーVII#ライフストリームと魔晄エネルギー」より引用

とあるように「知識が蓄えられたエネルギー」であり「新しい命の源」などと言われています

考察に関わる重要な設定は次の通りです

  • 知識が蓄えられたエネルギー
  • 全ての時間、全ての空間にアクセスできる(FF7Rで追加)

特に重要なのはFF7Rで追加された「全ての時間へのアクセスできるという設定です

「知識が蓄えられている」「全ての時間へアクセスできる」この2つの設定からライフストリームと密接に関わったものは「未来を知る」ことが可能であると考えられます

未来で起きた出来事がライフストリームに知識となって蓄えられ、過去の時間から「未来の知識が蓄えられたライフストリーム」にアクセスすれば、それはすなわち「未来を知る」ということになるでしょう

ライフストリームに落ちたセフィロス、魔晄(ライフストリーム)を浴びたクラウド、古代種として星と対話できるエアリスあたりは、未来を把握している可能性が出てきます

この「未来を知る」という行為が今後のFF7Rの展開に関わってくるのは間違いないでしょう

エアリスが未来を知っている描写があり、未来を知る方法がある

今回の考察で重要なのは、これが「異なる世界の存在」を示唆している点です

異なる世界の存在

リメイクのエンディング後、ザックスが生き残るシーンが追加されています

このシーンには様々な憶測がありますが異なる「忠犬スタンプ」が登場することからザックスが生き残るシーンはリメイクとは異なる世界の出来事という解釈もあります

つまり、原作ともリメイクとも異なる世界が存在するということを肯定することになります

世界の先端

FF7リメイクのエンディグで、セフィロスは次のような言葉をクラウドに投げかけます

セフィロス「気をつけろ そこから先はまだ存在していない」

セフィロス「我々の星は あれの一部になるらしい」

セフィロス「俺は 消えたくない」

セフィロス「おまえを 消したくはない」

クラウド「ここは?」

セフィロス「世界の先端だ」

気になるのは「そこから先はまだ存在していない」「世界の先端だ」というセリフです

どちらも平行世界を肯定するような言葉です

もし仮に平行世界が存在すると考えた場合、FF7全体はこのような状態にあると考えています

FF7作品 全体の世界構成

平行の世界として、「FF7原作の世界」「FF7リメイクの世界」が存在し、あらゆる世界は「星の終末」に繋がっている、という構成です

このように考えると「世界の先端」という言葉もしっくり来るのではないでしょうか?

ちなみにここにザックスが生存する世界を加えるとこんな感じです

FF7リメイクは原作通りに進行すると予想しているので、「ザックスが生存する世界」が「エアリスが生存する世界」であり、「星の終末を回避する世界」ではないかと考えています

もしかすると第4のさらに異なる世界となるかもしれませんが、いずれにせよ「原作ともリメイクとも異なる世界」が全てを解決すると考えています

商業的に

こういう考察はちょっと冷める方もいるかと思いますが、ある意味では最も重要だと考えているので記載します

ゲームは商売なので「エアリス生存」の希望が多ければ作ると思います

ましてやFFは開発のコストも膨大でかつ、期待のハードルも高い作品です

外さないためにも、ユーザーの願望に極力答えるのは至極当然な判断といえます

ただ、「死者が復活する」展開は創作物においては中々扱いが難しい展開ではあります

なぜならば死者が復活して嬉しいユーザーが一定数いる反面、そのキャラクターの死亡によって波及した影響、展開などを全て否定するようであったり、リアリティに欠けるといった負の側面も少なからず持ち合わせているからです

しかし、よ~く考えてみると過去のFFシリーズでは「死者が復活する」という展開は既に実施した経験があり、おそらくは今回も同じ判断をするだろうと考えています(というか、ザックスに至ってはもう死を回避している)

まとめ

ここまでのまとめです

今後のFF7Rにエアリスの生存ルートは存在すると考えています

どのような形で生存するかというと「異なる世界で生存する」のではないかと思います

理由は

  • 異なる世界で起きた事象、未来を知る方法が存在する
  • 異なる世界が存在するような描写がある
  • ザックスが生きてる世界が存在する
  • 商業的に考えれば作らないのはもったいない
  • 「死者が復活する」展開は過去のFFシリーズでもやっている

といったところです

果たしてエアリスは生存するのか!?

今後のFF7Rの発売が楽しみですね!

以上です

コメント