【FF7R(リメイク) 考察】Hollowの歌詞に込められた意味とは?

ゲーム
スポンサーリンク
イケメン
イケメン

FF7Rエンディング曲Hollowの歌詞の意味が気になる・・・!

FF7Rのエンディング曲「Hollow」は意味深な歌詞が注目されています

私はFF7原作含め、コンピレーション作品である「アドベントチルドレン」、「ダージュオブケルベロス」なども視聴、クリアしてきました

そこで本記事では「Hollow」の歌詞の気になる部分を紹介し、私の考察について解説していこうと思います

本記事を読めば「Hollow」の歌詞の謎がわかるかも!

【FF7R(リメイク) 考察】Hollowの歌詞の意味

Hollowの基本情報

まずは基本的な曲のデータから見ていきましょう

  • FF7Rエンディングボーカル曲
  • コンポーザー:植松伸夫
  • ボーカル:Yosh
  • 作詞:野島一成

ボーカルはSurvive Said The ProphetというバンドのボーカルYoshさん

アニメ「進撃の巨人」のサウンドトラック、「反逆のルルーシュⅢ」の主題歌などに参加されている方のようです

コンポーザーは過去のFFシリーズでおなじみ植松伸夫さんで、作詞はFF7Rシナリオ担当の野島一成さんです

作詞担当がシナリオ担当者であるため、Hollowの歌詞は今後のFF7Rで想定されているシナリオを意識したものになっている可能性が高いです

今回は「雨の中に佇むクラウド」をキーワードに決めて、彼の心境を表現することにしました

FF7Rオリジナルサウンドトラック ブックレットより植松伸夫氏のコメントを引用

テーマは「雨の中に佇むクラウド」で、クラウドの不安定で複雑な心中を表現しているとのことです

このことから歌詞は「クラウドの気持ちを表現している」のだと考えられます

歌詞の気になるところ

次は歌詞の気になるところを見ていきましょう

歌詞はエアリスに対するクラウドの思い?

歌詞の中にはエアリスに向けたと思われる言葉が登場します

その歌詞を見ていきましょう

あなたの

輝く

笑顔が

導く

FF7R オリジナルサウンドトラック ブックレット より Hollow の日本語歌詞を引用

気になるのは「あなたの」という部分ですね

この「あなた」という表現は歌詞の中で3回ほど使われています

聞いていると、誰に向けて言っているのだろう?という疑問が出てきます

さらに、こちらの歌詞をご覧ください

気づくのが

早ければ

抱きしめられたかい?

FF7R オリジナルサウンドトラック ブックレット より Hollow の日本語歌詞を引用

「抱きしめられたかい?」という表現は言い換えれば「抱きしめられなかった」ということ

この歌詞がクラウドの気持ちを表現しているとすれば、こんな後悔を頂く相手は「エアリス」を想像してしまいますね

これはFF7原作にてクラウドはエアリスが死亡するという凄惨な経験をしているからです

・・・とはいえ、FF7Rのエンディング時点ではエアリスは死亡していないので、FF7Rのクラウドがこの後悔の気持ちを持つことは少し違和感があります

(※もちろんあくまで「歌詞」なのでFF7Rの状況に沿っている必要性は特にないのですが・・・)

この点に関しては「エアリスが未来を知っている」というFF7R追加設定に関連していると私は考えています

「エアリスが未来を知っている」という設定に関してはこちらで解説しています

>> 【FF7R(リメイク) 考察】エアリスは生存するのか?【ネタバレあり】

記事では「エアリスが未来を知っている」描写について解説していましたが、FF7Rでは「クラウドが未来を見る」ようなイベントシーンも追加されているからです

クラウドもある程度未来を知っているとすれば、後悔の気持ちを抱くことも可能なので、歌詞の違和感にもある程度説明がつきます

まあ、このあたりに関しては些細な違和感なので「こうだったらいいな」という私の妄想かもしれませんね(笑)

笑顔に隠された秘密とは?

笑顔には

隠された

秘密があったね

FF7R オリジナルサウンドトラック ブックレット より Hollow の日本語歌詞を引用

FF7原作でエアリスは「ホーリー」の発動や「白マテリア」の存在をクラウドたちに告げずに忘らるる都に向かいます

「隠された秘密」とはこのことかと思いましたが、FF7Rのエアリスを見ていると何か別なことのような気もします

前項でも書きましたがFF7Rのエアリスは「未来を知っている」ような素振りを見せます

FF7Rでは何かもっと重大なことを隠している可能性があるんじゃないでしょうか

「もう一度」?

もう一度

輝け

一度でいい

見つけるから

FF7R オリジナルサウンドトラック ブックレット より Hollow の日本語歌詞を引用

最後に最も気になるのは、やはり「もう一度」という部分ですね

何か取り返しの付かない後悔を悔いるような言葉なので、クラウド目線の歌詞であることを考えると「エアリスの死」に対する思いである可能性が高そうです

この言葉は歌詞の中で4回ほど登場します

これぐらい繰り返し使われるとなると、歌詞の中でも特に重要な意味を持っている部分なのでしょう

前述したとおり、シナリオ担当の野島さんが歌詞を考えていることを踏まえると、今後のFF7Rのストーリーに関連させてくる可能性は高いと考えています

例えば、「エアリスの死」という後悔に対して「もう一度」挑む・・・そんな展開を期待してしましますね

まとめ

以上、「Hollow」の歌詞で気になる部分と、その考察でした

ポイントを再度まとめておくと、こんな感じです

  • 歌詞はエアリスに対するクラウドの思い?
  • FF7原作後のクラウドの気持ちが表現されている?
  • FF7Rの今後のストーリーに関係する可能性は高い

やはり、今後発売されるFF7Rリメイクの続編のストーリーとは何か関係がありそう・・・というかあって欲しいですね

なんにせよ、FF7Rの続編が楽しみになる良い曲、良い歌詞ですね!

「Hollow」はFF7Rオリジナルサウンドトラックで繰り返し聞くことが出来るので、歌詞が気になった人はチェックしてみてください

コメント